読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演劇×(教育×地域×採用)

花まる学習会王子小劇場の企画発起人の佐藤孝治の観劇ブログです。

PLAN N Presents「CRANK UP.」作 高桑恭彦 演出 大塚幸太 観て来ましたよ。7月2日(土)19:00

高桑 恭彦さんの1年半ぶりの舞台であるPLAN N Presents「CRANK UP.」は、映画サークルのお話でした。高桑 恭彦さんは早稲田大学映画研究会でご一緒していた後輩で、当時のエピソードが鏤められていました。

印象的だったのは、一気に思い出が駆け抜けて行くシーンを回転する舞台を回しながら、その周りを役者が歩いて交差して行くシーン。音響も照明も相まって、壮観でした。そして、病院のセットに一気に変わるところが、物語の緊迫感を盛り上げる印象的な展開でした。

ストーリーが後半で、直也が死んだのか?百瀬が死んだのか?というハッとさせられる展開になって行きました。自分自身の青春時代を思い出しながら、演劇の時間を過ごしました。

映画とか演劇に自分の人生をかけるのか、現実的に考えて夢を諦めるのか。

この作品の中で、登場人物がこのテーマで葛藤していました。映研で一緒だった林くんと一緒に観劇し、その後、同じく映研で一緒だった横川くんと池袋で合流して呑みました。まさに「映画とか演劇に自分の人生をかけるのか、現実的に考えて夢を諦めるのか。」ということについて語り合いました。

 


PLAN N Presents「CRANK UP.」作 

高桑恭彦 演出 大塚幸太
2016/6/29(水)〜7/3(日)
シアター風姿花伝
西武池袋線椎名町駅」より徒歩8分
西武新宿線下落合駅」より徒歩10分
都営大江戸線落合南長崎駅」より徒歩12分
・JR山手線「目白駅」より徒歩18分

<あらすじ>
自主映画の撮影中に事故で亡くなった直也が監督していた映画は未完成のまま月日が経ち、直也の三回忌に久しぶりに再会した映画サークルの仲間たち。直也の親友であった百瀬は仲間に呼びかける。「映画・・・完成させないか?」ここから彼らの止まっていた時間が再び動き出す。過ぎてしまった時間の中で変わってしまったもの、そして変わらないもの

f:id:kojisato515:20160628130631j:plain

<出演>
沼田星麻
吉田朋弘
池田香織
真坂 雅
和田慎太郎
望月香奈
三浦綾花
木村静也
大峰 渓
小野春花
平澤 智

<スケジュール>
6月29日(水)19:00
6月30日(木)☆14:00/19:00
7月 1日(金)☆14:00/19:00
7月 2日(土) 14:00/19:00
7月 3日(日) 13:00
<チケット>
一般:前売¥3500/当日¥3800
☆平日昼割¥3000
学割¥2500(当日精算のみ 要学生証)
※全席自由/日時指定
※受付は開演の45分前 開場は30分前
※未就学児入場不可
<チケット取り扱い>

ticket.corich.jp