読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演劇×(教育×地域×採用)

花まる学習会王子小劇場の企画発起人の佐藤孝治の観劇ブログです。

【芝居】「第3回おきなわ新喜劇ツアー「世界のヤッケームン」」@ルミネtheよしもと 2016.7.30.19:30

徳田博丸さんが作・演出の「第3回おきなわ新喜劇ツアー」が大阪と東京にやって来ます。大阪NGK7/28(木)7/30(土).31(日)東京新宿ルミネtheよしもとで公演されます。「手前味噌ながらおもろいでっせー!!!」と徳田さんから連絡を頂きまして観てきました。

第3回おきなわ新喜劇ツアー「世界のヤッケームン」
日程 : 2016年7月30日(土) 19:00開場 19:30開演
会場:ルミネtheよしもと

f:id:kojisato515:20160801023327j:plain

この前説までは写真撮影OKですよということを言われてみんな写真撮り始めました。

▼オープニングライブエイサー:琉球國祭り太鼓
オープニングエイサーで一気に沖縄気分になりました。高いジャンプ、すっと伸ばす腕、高く上げる足。相当ハードなんだと思いますが、ニコニコ笑顔で演奏していて凄い。

▼オープニングライブうた:具志堅ファミリー
具志堅ファミリーのうたでさらに沖縄気分が高まって行きます。ハーモニーが心地よくて、うっとりしました。

ネタ出演:浦添ウインドゥ
福岡と沖縄のコンビの漫才。地元自慢の応酬をしていくのだけど、なぜか、富山県を良くわからないところということで落ちにつかっていました。上市町で行う夏合宿を頑張れよというエールとして受け止めました。

▼ネタ出演:ストロベビー

マラドーナのモノマネをトコトン極めている人だった。最後にやったマジックの紐を体に通してしまうやつは、なんとなくたねがわかったので、自分もできるような気がする。

おきなわ新喜劇「世界のヤッケームン」
徳田博丸さん作・演出の作品「世界のヤッケームン」です。「ヤッケームン」というのは「厄介者、面倒な人」のことだそうです。「ヤッケー」は「厄介」の意味ですが、「面倒くさい」ぐらいのニュアンスでよく使うそうです。たしかに、ガレッジセールゴリさんが演じるゴリデジャネイロは、まさにヤッケームンでした。

支配人役のガレッジセール川田さんが登場するなり「従業員の・・・・」と自身の役柄を間違えてしまいました。これを即座にアドリブで繰り返し突っ込んで行く展開になりました。徳田さんに聞いたら、アドリブはこれくらいだそうです。アドリブが結構あるのかなあと思って観ていたのですが、ちゃんと計算されて仕込まれているのですね。この部分はネットニュースになっていました。

owarai.favclip.com

ゲストとして前川真悟さん(かりゆし58)が登場し名曲を歌う場面はよかったです。アンマーを聞きながらブログを書いているのですが、良い歌ですよねえ。ほっこりします。

www.youtube.com

沖縄の抱える問題をギャグにしていて、これは笑って大丈夫なのかと思うこともありました。作・演出の徳田さん曰く「問題ない」とのことでした。おきなわ新喜劇は、吉本新喜劇と沖縄の方言・音楽・風習がチャンプルーした、沖縄独特の文化・歴史を「笑いながら学べる」エンタテインメントショーとなっているそうで、沖縄のことをよく知ることができるように創られているのでした。7/24に見た演劇きかく「満福中枢」の犬養憲子さんが出演・脚本・演出を手がける「楽屋から」という舞台からも沖縄の本音が伝わってきました。沖縄の問題解決は、沖縄のことをリアルに知るところから始まると思います。

終わってロビーにでたら出演者の皆さんがお見送りしてくれました。右から2番目は一緒に観に行った石塚くんです。

f:id:kojisato515:20160801024354j:plain

こんなに面白いお芝居をどうやって考えるのだろうという疑問を解決するために、おきなわ新喜劇ツアーを観た翌日にお話をお聞きしました。お話聞いてみてください。

kojisato515.hatenablog.com

ガレッジセールさんからのメッセージをご紹介します。 9月の沖縄ツアーの成功を願っています。素敵な舞台をありがとうございました。

 

f:id:kojisato515:20160722074315j:plain

 ガレッジセール/スリムクラブ/普久原明/伊波雅美/宮川たま子/ウリズン桜/けんたくん/ありんくりん/大屋あゆみ/比嘉梨乃/スペシャルゲスト:かりゆし58 前川真悟/