読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演劇×(教育×地域×採用)

花まる学習会王子小劇場の企画発起人の佐藤孝治の観劇ブログです。

2年前のコメディーフェスティバルの時に拝見して鋼鉄さんに、哲学みたいなものを感じたんですよね。結束友哉さん 劇団鋼鉄村松「オセロ王」(2017.2.1~2.5)稽古場インタビュー。

花まる学習会王子小劇場での黄金のコメディフェスティバル最優秀受賞凱旋公演!「オセロ王」作演出バブルムラマツの上演(2017.2.1~2.5)に向けて行われている稽古にお伺いして結束友哉さんにお話をお聞きしました。

オセロ王 | 劇団鋼鉄村松 [チケット予約] ★CoRich 舞台芸術!

2年前のコメディーフェスティバルの時に拝見して鋼鉄さんに、哲学みたいなものを感じたんですよね。結束友哉さん 劇団鋼鉄村松「オセロ王」(2017.2.1~2.5)稽古場インタビュー。f:id:kojisato515:20170129074944j:plain

ー鋼鉄村松初参戦ということですが、どういうご縁で参加されたのでしょうか?

2年前のコメディーフェスティバルに一緒に出ることになりまして、お互いに芝居をみて、誘っていただいたという感じです。

ー普段の芸風と今回は違いますか?

昔はこんな顔なので割と固められていたんですよ。こんな役でという役が偏っていたんですけど、昨年の暮れにバンタムクラスステージに所属しまして、いろいろな役をやらせていただけるようになって、最近は偏りがなくなってきました。

ー今回、出て来るたびに「キタ〜」となっていました。

大真面目にやっているんですよね。真面目だからこそ面白く見えるのかなと思います。

ー後半大事なシーンがありますね。

主人公サンボという男の父親役なので、息子を変えるきっかけとか、その前に、父はこう育ったという過去はこうだった、お前はどうなんだという役だったので、しっかり立って演じないと伝わらないですね。

ー初参戦していかがですか?

2年前のコメディーフェスティバルの時に、拝見した時の鋼鉄さんに、哲学みたいなものを感じたんですよね。それを今回体験できるんだと思って顔合わせに行って、台本いただいて、こんな感じで来るんだと思いました。この作品の初演が1999年らしいんですよ。それを2017年になって再演する。バブルムラマツさんが、なぜ今あの当時の芝居をやるんだという、意味とか奥深さを感じつつも、そして、当時の空気も感じつつ、懐かしいなあと、楽しくやっています。

ー見どころポイントは?

オセロを通して、人間たちが、どうやって争ったり、手を取り合ったり、人間模様をバブルムラマツさん流に描かれているので、そこを楽しんでください。

【芝居】劇団鋼鉄村松「オセロ王」2017.2.2[木]花まる学習会王子小劇場(村松王子になりました) - 演劇×(教育×地域×採用)

【稽古レポート】劇団鋼鉄村松 黄金のコメディフェスティバル最優秀受賞凱旋公演「オセロ王」花まる学習会王子小劇場2017.2.1(水)~2.5(日) - 演劇×(教育×地域×採用)

劇団さんいらっしゃい「劇団鋼鉄村松」の放送もおすすめ。