読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演劇×(教育×地域×採用)

花まる学習会王子小劇場の企画発起人の佐藤孝治の観劇ブログです。

【芝居】劇団あおきりみかん『僕の居場所』10/1[土]14:00

劇団あおきりみかん『僕の居場所』は「そこまでやるか」となんでもツッコミをいれてしまうほどの舞台でした。こんな妄想を思いついちゃう鹿目由紀も飛んでいますが、これを実現しちゃう、舞台美術・制作・装置・デザイン・大道具・小道具などのスタッフの皆さんの熱量に敬意を表します。

ネタバレ的なことをこの先、書きます。

f:id:kojisato515:20161005065949g:plain

最初、ネットカフェの机と椅子が一組。人が座っている。なにか飛んでくるかもしれないので、最前列の席にビニールシートが書けられる。「セルフ暗転」の説明が始まり、みんなで一緒に練習をした。「一体なにがはじまるのか?」という気持ちが高まりながら、なんとなく暗いお話が始まっていきそうな感じで、暗幕の奥には何があるのだろうと思いながら開幕を待ちました。

お話は・・・

ネットカフェでブログを書き、他人のブログを読んでいる。ネットカフェの席の下にぽっかりと穴が空いていて、その穴の奥にはインディ・ジョーンズ/魔宮の伝説のような世界が広がっている。そこで、男が自分の居場所を発掘している。自分の居場所を見つけるために必要な人々が集ってくる。聖杯を見つけるか、死か、という状況で、みんなで協力して、発掘が続いて行く。

という感じです。

暗幕が空いて、どーんと奥に広がるインディ・ジョーンズ/魔宮の伝説に出てくる地下空間が広がった瞬間に「そこまでやるか」というツッコミの一発目がでました。

www.youtube.com

ただ、どうにも、この設定についていけなくて、なんか、どうしていいか分からない気持ちになって行きました。もの凄い熱量を感じるけれども、話に入って行けない自分を認識している状態がしばらく続きました。

発掘していたら土の中からツタンカーメンが出て来たところで、なんだかもう、いろいろと気にしていてもしょうがない気がしてきて、細かいことは気にならなくなって、素直に世界に巻き込まれて行きました。

ギャクなのか、メッセージを伝えようとしているのか。両方なんでしょうね。

名古屋からこれだけのものを持って来てみせてくださって、ありがとうございました。

花まる学習会王子教室長牛丸優一さんに「王子で教室を始めるのであれば、花まる学習会王子小劇場で演劇を見ておかないとですね」とお話したところ、早速、一緒に観劇することになりました。花まる学習会夢社員第1号井上笑里さんと観劇されていました。 

 

【芝居】劇団あおきりみかん『僕の居場所』10/1[土]14:00

【作・演出】鹿目由紀

【出演】カズ祥 松井真人 花村広大 篠原タイヨヲ 川本麻里那 みちこ 真崎鈴子 山口眞梨 近藤彰吾 平林ももこ 登澤良平(Wキャスト) 鹿目由紀(Wキャスト)

【内容】

これは、居場所がない僕の、ちょっとした出来事です。

僕には居場所がありません。

どこにいていいのか分かりません。

居心地がいいのか分かりません。

どうしていいのか分かりません。

でも僕だけかと思ったいたら、

そういう人は結構いるみたいで、

君も居場所がないんだろう?

実は僕もなんだ。

もしよかったらここにおいでよ。

と、いきなり連絡先をもらいました。

僕は、行ってみることにしました。

僕の居場所がそこにあることを、

ほんのちょっとだけ期待して。

10/1[土]

 

14:00

19:00

10/2[日]

11:00

15:00

 

10/3[月]

 

14:00

 

団体サイト |  CoRich舞台芸術 |  チケット予約