読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演劇×(教育×地域×採用)

花まる学習会王子小劇場の企画発起人の佐藤孝治の観劇ブログです。

【芝居】劇団喫茶なごみ「蚕の相談室」2017/2/9〜12神奈川県立青少年センター多目的プラザ

​守利郁弥くんが今度こちらの作品に出ますと言ってチラシをくれたので、気軽な気持ちでいってきました。急な坂スタジオの近くにある神奈川県立青少年センターです。

「蚕の相談室」というタイトルと「劇団喫茶なごみ」というユニット名通りでした。​守利郁弥くん扮する蚕(かいこ)の詩人に蚕たちが相談をします。役者のみなさんがきらめいていました。

その蚕を飼っている大家族も不思議な人たちでした。可愛い歌と踊りがあります。僕の後ろに座っていたお孫さんがいそうな素敵な女友達4人組のみなさんが見終わった時に「面白かったわねえ、全然わからなかったけど」という感想をおっしゃっていました。分かるとか、解るとか、判るとか、そういうことではなくて、面白さを感じるお芝居なんだろうなと思いました。

オープニングで、暗い中、笛に合わせて歌っている人が入ってきて動きながら歌っているのですが、とても不思議な感覚になりました。暗闇の中で音が動いていると、見えないけれど、何かがそこにいることがわかります。そして、何が始まるのだろう、なんだろう、と思って期待が高まり、パッと明るくなって、眼前に蚕。ああ、蚕だ。なるほど「蚕の相談室」って、本当に蚕なんだ!!!となりました。

どうやってこのお話を思いついたのかなと思って、ロビーで宮井浩行さんに聞いてみたら「じっくりお話を考えました」とのことでした。半年かけてじっくり作り上げた世界。凄いです。また、若い役者さんとベテランの役者さんが本気で演じているというのが面白要素だと思います。

役者​「守利郁弥」を堪能できました。新しい「守利郁弥」でした。ロビーでお見送りしてくれたので、記念写真。

f:id:kojisato515:20170212091810j:plain

f:id:kojisato515:20170212091901j:plain

 

あれ、なんだ、この既視感。

ああ、これだ。

 

f:id:kojisato515:20170212091945p:plain

f:id:kojisato515:20170212092017p:plain

映画『モラトリアム・カットアップ』公式サイト – 「デジタル社会に生きる、全てのアナログ人間に捧ぐ。」2016.6.11-18 映画×演劇×音楽 in 新宿テアトル!

 

公演後に守利郁弥さんに聞きました。


このお話、全て宮井浩行さんの頭の中にあったものなんだなあ。

f:id:kojisato515:20170212092244j:plain

ありがとうございました。

劇団喫茶なごみ「蚕の相談室」(詳細
作:宮井浩行
演出:マキネン・パッチャン

​村井 彩子
​伊藤 あすか
江花 実里(架空畳) 
​蔵重 智(ライト・トラップ)
​和田 綾香
​田中 勝彦(プロジェクト夢樹)
二宮 咲(ガソリーナ)
​守利 郁弥
山本 悦子(劇団やぶさか)
吉田 多希(鬼の居ぬ間に)

【日時】
2017年2月
 9日(木)19:30
10日(金)14:00/19:30
11日(土)14:00/18:00
12日(日)11:00/16:00
※受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。

【料金】(日時指定・全席自由)
一般の方 前売 2500円
     当日 2800円
大学生・専門学生の方 2000円
高校生以下の方 800円

http://gekidankissanagomi.wixsite.com/kaikonosoudan