読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演劇×(教育×地域×採用)

花まる学習会王子小劇場の企画発起人の佐藤孝治の観劇ブログです。

鋼鉄流芝居術は「大きな声で、はっきり出して、テンポよく続け、あまり間をおかない」です。村山新さん 劇団鋼鉄村松「オセロ王」(2017.2.1~2.5)稽古場インタビュー。

花まる学習会王子小劇場での黄金のコメディフェスティバル最優秀受賞凱旋公演!「オセロ王」作演出バブルムラマツの上演(2017.2.1~2.5)に向けて行われている稽古にお伺いして村山新さんにお話をお聞きしました。

オセロ王 | 劇団鋼鉄村松 [チケット予約] ★CoRich 舞台芸術!

鋼鉄流芝居術は「大きな声で、はっきり出して、テンポよく続け、あまり間をおかない」です。村山新さん 劇団鋼鉄村松「オセロ王」(2017.2.1~2.5)稽古場インタビュー

f:id:kojisato515:20170205075631j:plain

ー市長のメルセデス役ということですが、鋼鉄村松に参加するのは初ですか?

初めての参加です。オーディションを受けました。

ーなぜ出たいと思ったのですか。

バブルさんと共演する機会がありまして、それから何回か拝見する機会がありまして、コメディーでお芝居をするという経験があまりないもので、やって見たいなあと割と軽い気持ちで、出ちゃったという感じです。

ー普段は違ったお芝居をされているのですか。

ちょっと毛色の違った芝居を割とメインに客演で出させていただいています。

ー今回出られて見ていかがですか。

やり方みたいなものが、鋼鉄さん流の方法があって、それを教わっているのですが、感覚が普段とはだいぶ違うなというものがあります。

ー鋼鉄流芝居術というのはどういうものなのですか。

割とシンプルに「大きな声で、はっきり出して、テンポよく続け、あまり間をおかない」です。僕がやっているお芝居は割と間をおくので、そういうところで、ちょっと戸惑っちゃったりするところはあるんですよ。だからこそ、はっきりわかりやすく出して行くというのが必要になってくると思うんですけど、そういう中でどう出して行くかというのがやっぱり楽しいですね。

ー新たな自分が開花しましたか。

開花しているといいんですけど。そこらへん・・・(笑)。まあ、本番に入って見えてくるものがあると思うので、これからかなと思います。稽古の最中でも「ああ、なるほどね」と思うところもたくさんあるんですけれども、本番は緊張状態になるので、そういうところで得られる発見というのは大きいのではないかなと思います。

 

【芝居】劇団鋼鉄村松「オセロ王」2017.2.2[木]花まる学習会王子小劇場(村松王子になりました) - 演劇×(教育×地域×採用)

【稽古レポート】劇団鋼鉄村松 黄金のコメディフェスティバル最優秀受賞凱旋公演「オセロ王」花まる学習会王子小劇場2017.2.1(水)~2.5(日) - 演劇×(教育×地域×採用)

劇団さんいらっしゃい「劇団鋼鉄村松」の放送もおすすめ。